FC2ブログ

メンテナンスの重要性

Bygarageklein

-
梅雨真っ只中の南九州です。

この時期は雨が降ったかと思えば翌日にはピーカンだったりと不安定な天候が続きます。

この不安定な天候のせいで車の塗装面には結構なダメージが・・・

青空駐車のお車は想像以上のダメージを負ってしまいます。

本来は梅雨に入る前にしっかりとプロメンテナンスやケアをしてあげる事で上記のような過酷な梅雨時期を乗り越える事が望ましいです。

雨が降るから洗車やケアをしない・・・

ではなく、雨が降るからしっかりと洗車やケアをしてあげるのが正解かと思います。

20180320_141522.jpg

ケアの基本は洗車です。

ですが、この洗車では落ち切らない汚れが日々蓄積されていきます。

洗車キズはマシン研磨を行なえば、ほぼ元通りになります。

シリカスケールが原因の陥没痕はマシン研磨を行うにしてもハードな研磨となってしまいます。

どちらがオーナーさんや車に良いかは一目瞭然です。



動画はコーティングも何もしていない車輌の水はけ~シリカスケール除去後の水はけ~簡易トップコート施工の動画です。

動画を見て違いが分かるかと思いますが、いくら丁寧に洗車を行っていてもシリカスケールを代表とする物が塗装面に付着していると水はけが悪いのが分かるかと思います。

その後、右側だけスケール除去を行い水はけを確認するとどこにも引っ掛かる事なくスルスルと水が流れ塗装面がすぐに出てきます。

この状態を維持するのが理想ですが、日々の使用によりまた塗装面にいらない物が付着します。

塗装面に付着するスパンは使用時間、走行環境、保管環境で変わりますので、一概に言えません。

6ヶ月おきのプロメンテナンスが目安としていますが、環境によっては3ヶ月程度でのメンテナンスでも良いです。

特に青空駐車で濃色車はスパンが短いほど美観維持が出来ます。

またプロメンテナンスによりコーティングの層が活性化され、撥水状態が戻ったりします。

コーティングの層の上に付着物が乗ってくるとコーティングの性能が発揮されないだけではなく、コーティングが取れた、剥がれたと勘違いする方も多いです。

せっかくお金を出して愛車の為にしたコーティング。

これを長期維持するにはプロメンテナンスが必ず必要となります。

健康診断や歯のクリーニングと同じです。

定期的にメンテナンスを行なって綺麗な塗装面を維持しましょう^^

★6月、7月キャンペーン実施中!★

通常施工価格より10%~15%OFF!

この機会に高品質のコーティングを是非愛車へ^^

お問合せお待ちしております!


ご予約 お問合せ、ご相談は・・・

ホームページ
https://marine-frog.wixsite.com/garage-klein

TEL
080-1703-4030

LINE ID
@gmp6233i

E-mail
garageklein5015@gmail.com

代表 長友 健一

診断、お見積りは無料です。

お車の美観、お困りの事がありましたらお気軽にご相談ください。
Share